ロード23連敗のDバックスはホームでも沈黙 チームワーストの連敗を「16」に更新

[ 2021年6月20日 15:11 ]

先発したダイヤモンドバックスのピーコック(AP)
Photo By AP

 17日にメジャー・ワーストのロード23連敗を記録したダイヤモンドバックスは19日、地元フェニックス(アリゾナ州)でドジャースに3―9で敗れ、ホームでも白星を挙げることができず、すでにチーム・ワーストとなっている連敗記録を「16」に更新。ここ44試合では39敗目を喫し、今季の成績は20勝52敗となった。

 今月1日に延長10回の末にメッツに6―5で勝って以来、白星はなく、ドジャースとは前日にも試合を行ったが0―3で今季9回目の完封負け。この日は今季初めてメジャーに昇格した先発のマット・ピーコック(27)が5回を投げて3失点で切り抜けたものの、打線はドジャースの先発ウォーカー・ビューラー(26)に7回まで無安打に抑えられた。8回に4安打で3点を返したものの反撃もここまで。ビューラーを含むドジャースの3投手に対して14三振を喫して勝機はつかめなかった。

 ビューラーは8回に先頭打者のデビッド・ペラルタ(33)に中前打を許すまで2四球はあったものの7回までは無安打ピッチング。この回の途中でマウンドを降りたが今季14回目の先発で7勝目(無敗)を挙げた。これで先発通算23回連続で“不敗”をキープ。これは1946年にカービー・ヒグビー(当時31歳=通算118勝)がマークしたチーム記録に並んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース