中日・大島 4人の子を持つパパが父の日を前にチームの連敗を3で止める活躍「結果が出て良かった」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   中日7ー3ヤクルト ( 2021年6月19日    神宮 )

<ヤ・中10>4回2死一、三塁、大島が逆転2点適時三塁打を放つ(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 中日・大島が自己最多4打点をあげ、連敗を3で止めた。0―1の2回2死二、三塁では左翼線に運ぶ2点二塁打。2―3の4回は2死一、三塁から右越えの2点三塁打。小川からいずれも逆転の一打となり、今季、神宮では5戦目での初勝利に胸を張った。

 「何とか相手より1点でも多くという気持ちで打席に立ち、結果が出て良かった。打線が頑張らないといけない球場。追加点が取れて勝てた」

 4人の子を持つパパが、20日の父の日を前に大活躍。それでも「ほぼ(家に)いないので子どもたちには『代わりにママにやってあげて』と言いました」と遠征が多い自身に代わり、一人2役で子育てに奮闘する妻への感謝を口にした。(徳原 麗奈)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月20日のニュース