西武 平良がパ・リーグタイ記録の34試合連続無失点「同点にされたのであまりいい気はしない」

[ 2021年6月20日 15:57 ]

パ・リーグ   西武―ロッテ ( 2021年6月20日    メットライフD )

<西・ロ>34試合連続無失点記録を達成した西武・平良(右)は同記録を保持する豊田コーチとポーズをとる(撮影・郡司 修)
Photo By スポニチ

 西武・平良が34試合連続無失点のパ・リーグタイ記録を達成した。

 1点リードの8回2死一、三塁でマウンドへ。安田に四球を与えて満塁とすると、藤岡にもストレートの四球を与えて押し出し。同点とされた。

 続く代打・菅野を一邪飛に抑えてこの回は終了。自身に失点、自責点はつかず、連続無失点試合を34に伸ばした。

 リードしていれば「回またぎ」で登板すると思われた9回は、森脇がマウンドに上がった。この日の平良の成績は1/3回を打者3人、2四球で無失点。

 ▼西武・平良(パ・リーグタイ記録も)「同点にされたのであまりいい気はしない。(マウンドを気にしていたのは)前に投げている投手の『踏み位置』とかで、そこで対応しきれなかった。(同点で止めたのは)逆転されなかったので。失点してるのに続いているというわけのわからない状態なんで」

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース