【20日プロ野球見どころ】絶好調!広島・林 5打席連続出塁を継続中

[ 2021年6月20日 11:00 ]

広島・林
Photo By スポニチ

 広島の大型三塁手・林は、今季20試合に出場し打率・408と絶好調。特に最近5試合は20打数13安打(打率・650)、1本塁打、9打点と手がつけられない。18年ドラフト3位指名で智弁和歌山から広島に入団したが、昨年まで1軍公式戦の安打はわずか1本。3年目の今季は大きく成長している。19日のDeNA戦は本塁打を含む4安打1四球と5打席連続出塁を継続中。林の打席に注目だ。

 巨人の先発予定の高橋は今季阪神戦に2試合登板し2勝0敗、防御率2・08と好投している。通算でも8試合で4勝1敗、防御率1・96と相性抜群だ。4番の大山とは今季6打数無安打、通算でも16打数2安打(打率・125)と抑え、被本塁打は0。主砲封じに成功しているがきょうはどうか。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース