巨人・丸、お待たせ再昇格後1号 約1カ月ぶり「丸ポーズ」も披露

[ 2021年6月20日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人6―2阪神 ( 2021年6月19日    甲子園 )

<神・巨>8回1死一塁、丸は中越えに2点本塁打を放ちポーズを決める (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 巨人・丸が5月22日の中日戦以来のアーチとなる5号2ランを放った。

 3―2の8回1死一塁、藤浪の151キロ直球を中越えに運び「良い形で振れた」と久々の「丸ポーズ」を披露した。初回は右翼線二塁打で先制機を演出し、6回には右前打で猛打賞。

 2軍での再調整から復帰後は7打数4安打と好調だが「結果を残さないといけない立場。明日いい意味で切り替えていきたい」と気を引き締めた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月20日のニュース