阪神痛い…巨人にカード負け越し 佐藤輝の一発のみ、打線振るわず

[ 2021年6月20日 17:36 ]

セ・リーグ   阪神1-2巨人 ( 2021年6月20日    甲子園 )

<神・巨(12)>7回2死一、二塁、打者・中野に代え、代打・北條を送り出す矢野監督(右)(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 阪神は投打がかみ合わず敗戦を喫し、リーグ戦再開後、最初のカードを負け越しとした。

 先発・秋山は5回までわずか1安打投球の6回2失点と試合を作った。7回以降は及川、復帰登板となった岩崎、馬場が無失点でつなぐも、打線が奮わなかった。

 2点を追う6回2死から、佐藤輝の2戦連発となる18号ソロで1点差に詰め寄ったが、7回2死二、三塁のカウント2―2でマウンドに送られた鍵谷に対し、代打・北條が空振り三振を喫すなど、巨人・原監督の采配に翻弄(ほんろう)された。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月20日のニュース