オリックス・宮城 「獲りたい」新人王へ楽天・早川と直接対決第2R 初のスライド登板も「変わらず」

[ 2021年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天ーオリックス(雨天中止) ( 2021年6月19日    楽天生命パーク )

きょう楽天戦に先発するオリックス・宮城              
Photo By スポニチ

 楽天戦が雨天中止となりオリックス・宮城は、20日の同戦にプロ初のスライド登板が決まった。相手先発はリーグトップタイの7勝を誇る早川で、新人王有力候補バトル第2ラウンドに臨む。

 「(スライド登板は)初めてで分からないですが、たくさん睡眠をとり、変わらずやりたい。(新人王は)僕も早川さんも今年しかない。できれば獲りたいです」

 前回4月4日の先発対決では8回無失点の快投で2勝目を記録し、6回4失点だった早川に「先勝」した。連勝すれば勝ち星でも早川に並び、球団高卒投手では95年平井正史以来の栄誉へ、勢いを増すことができる。

 20日が締め切りの球宴ファン投票でも先発部門で1位につける。「怖いです。できれば(順位が)下の方が良かった」と話すが実力を評価されている証だ。

 雨に水を差されたが、交流戦Vから続くチームの勢いを止めるつもりはない。1分けを挟んで7連勝中。チームの連勝を伸ばし、楽天と同率ながら14年7月25日以来の首位へと導く。(湯澤 涼)

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース