ロッテ 5割に逆戻り 守乱…今季ワースト4失策

[ 2021年6月20日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ2―7西武 ( 2021年6月19日    メットライフD )

<西・ロ>選手交代を告げ、厳しい表情でベンチ戻る井口監督 (撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ロッテは守備陣が今季ワーストの4失策。初回6失点で早々に勝負は決した。先発・中村稔は森に先制2ランを浴び、さらに1死一、二塁で呉念庭のゴロを一塁手レアードが後逸。0―4となった1死二、三塁では愛斗の遊ゴロで三塁走者を三本間に挟んだが、捕手・柿沼が悪送球した。

 勝率5割に戻った井口監督は「投手の立ち上がりは大事。配球も含めてだが、連打されて失策も絡むと追いつけなくなる」と2回から捕手を佐藤都に代えたが手遅れだった。

続きを表示

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月20日のニュース