広島・宇草が連敗脱出弾 若ゴイが躍動、自己最多の3打点「次につなげようと必死だった」

[ 2021年6月16日 05:30 ]

交流戦   広島5ー3西武 ( 2021年6月15日    マツダ )

<広・西(3)>ヒーローインタビューを終えポーズをとる広島・林(左)と宇草
Photo By 代表撮影

 広島・宇草孔基外野手(24)は、15日の西武戦で同点の8回に決勝の勝ち越し2ランを放ち、チームの連敗を8で止めた。交流戦は3勝目となり、15年DeNA(3勝)を下回る史上最少勝利の更新を回避。きょう16日の広島―日本ハムの最終戦を残して、セ・リーグが09年以来12年ぶり2度目となる交流戦勝ち越しを決めた。

  若ゴイがチームをどん底から救った。「チーム一丸で戦って、やっと勝てて良かった」。不振の西川を今季初めて先発から外した一戦。その代役として左翼で先発出場した宇草が救世主となった。

 7回に先発の大瀬良が同点被弾を許し、8回には会沢が負傷交代。重苦しい空気が漂う8回2死一塁だった。カウント1―2と追い込まれた宇草は、ギャレットが仕留めにきた高め直球を振り抜いた。打球は左翼方向に高く上がり「レフトフライかと思った」。それが左翼ポール際の最前列にまで伸びた。2号2ランは、勝ち越しの決勝弾となった。

 「次につなげようと必死だった。悔いが残らないようにと思って毎日を過ごしているので良かったです」

 4回無死一、三塁では内野ゴロの間に勝ち越し点を挙げており、自己最多の3打点となった。試合前練習では朝山、迎打撃コーチから右脚を真上に上げるように指導されて微修正。すぐさま実戦に生かす対応力も光った。

 入団前、法大の恩師・青木久典監督から伝えられた助言がある。「体が強くないとプロでは生きていけない。無事是(これ)名馬。それだけに気をつけて、いい選手になりなさい」。この言葉の重大さを1年目から痛感した。

 昨年10月21日の阪神戦での死球で右腓骨(ひこつ)を骨折して手術を受けた。リハビリは長引き、今春キャンプも満足に練習できなかった。実戦復帰は4月下旬までずれ込んだ。「悔しくてもどかしかった。けがした時から“進化して戻ってやろう”と強い気持ちでやってきた」。座右の銘は「ALL OK」。「いいことも悪いことも全部を受け入れる」と自らに言い聞かせていると言う。今回のリハビリ期間も言い訳にはしなかった。その姿勢が自身初の決勝打につながったのだ。

 チームの連敗は8で止まった。佐々岡監督は「長かったね。一つ勝つのがこんなに難しく苦しいものとは…。選手たちが頑張ってくれました」と安どした。期待して送り出した若手が活躍。久々の勝利の味は格別だった。(河合 洋介)

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月16日のニュース