マエケン日米通算2000K 歴代7位 復帰登板で4回1失点

[ 2021年6月16日 02:30 ]

ア・リーグ   ツインズ3ー4マリナーズ ( 2021年6月14日    シアトル )

先発したツインズ・前田健太(AP)
Photo By AP

 ツインズの前田が14日(日本時間15日)、右内転筋の張りから復帰してマリナーズ戦に先発。5月22日以来のマウンドで勝敗は付かなかったが、4回1失点で7三振を奪い「(負傷者リストに入る)前まではごまかして投げていたが、それがなくなった」と語った。

 復帰登板で球数制限があり76球で終了。初回は制球に苦しんだが2回以降は修正した。4回1死でロングをチェンジアップで空振り三振に抑え、歴代7位の日米通算2000奪三振も達成。試合後にレッズ・秋山からの連絡で初めて知ったそうで「長くやっていれば届くと思うので実感はない」と言う。それでも「メジャーでやっていくためにチェンジアップを覚えたり、空振りを取れる球が増えてきた。これからもそういう(三振が奪える)投手でありたい」と力を込めた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月16日のニュース