侍ジャパン・稲葉監督 捕手発表飛ばすアクシデント 司会者からの指摘に

[ 2021年6月16日 11:29 ]

侍ジャパンの稲葉監督
Photo By スポニチ

 内定選手発表会見に臨んだ野球日本代表の稲葉監督が、アクシデントに見舞われた。

 東京五輪の野球日本代表の内定選手発表会見が16日、都内のホテルで行われ、24選手が発表された。稲葉監督が一人一人の名前を読み上げ、選出理由や期待をかけるコメントを述べた。当初は投手、捕手、内野手、外野手の順番で発表予定だったが、投手の後に捕手を飛ばして内野手を発表。楽天の内野手・浅村を発表後、司会者から「失礼致します。稲葉監督、捕手からもう一度お願い致します」と指摘を受け「ごめんなさい。捕手を忘れてました。ごめんなさい」と丁寧に謝罪し、改めて捕手のソフトバンク・甲斐、広島・会沢の名前を呼び上げていた。

続きを表示

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月16日のニュース