オリックス 25年ぶりVへ本気!3A4割男ラベロ、万能右腕スパークマンを本格調査 W獲りで勢い加速や

[ 2021年6月16日 05:30 ]

昨年、カージナルス時代のランヘル・ラベロ(ゲッティ=共同)
Photo By ゲッティ=共同

 オリックスが新外国人の最上位候補として、マイナー通算70発のランヘル・ラベロ内野手(29=ドジャース傘下)を本格調査していることが15日、分かった。投手ではすでにグレン・スパークマン(29=ツインズ傘下)を獲得する方向で動いている。交流戦Vに続く96年以来のリーグ優勝へ、フロントも万全のバックアップ。投打のW助っ人獲得なら、正真正銘の大型補強となる。

 96年を最後に現12球団一遠ざかる頂点へ、オリックスが本気だ。マイナー通算70発で、キューバ出身のラベロを獲得調査していることが判明した。

 ラベロは右投げ右打ちで、主に一塁と外野を守る。10年にホワイトソックス入りし、アスレチックス、カージナルスを経て19年にメジャーデビューを果たした。ドジャースに移籍した今季は3Aで26試合に出場し、打率・407、8本塁打、27打点。マイナー通算打率・302、509打点を記録している。大リーグ公式サイトのフランシス・ロメロ記者はこの日、ツイッターで「NPB球団がラベロの保有権を買い取った」と報道。ド軍でのメジャー昇格が見込まれないことで、移籍を決断したという。

 交流戦Vの勢いに乗る。中嶋監督が「後ろの打者につなぐ。走者をためる。粘る。それが非常にできている」と分析したように、リードオフマン・福田と2番・宗のコンビが定着。3番・吉田正ら中軸につなげる得点パターンを構築した。一塁には、復活気配のT―岡田にジョーンズ、モヤら長距離砲がおり、近年の課題だった打撃不振は改善傾向にある。その中で、野手獲得に乗り出した事実こそ、球団の本気度の表れ。長いシーズンを戦う上で不測の事態を想定する必要もあり、補強に動いたとみられる。

 投手陣にも厚みを加える。ディクソンの退団に伴い、新外国人として獲得に乗り出しているのが、メジャー通算4勝のグレン・スパークマン(29=ツインズ傘下)だ。150キロ超の直球とスライダーが武器の右腕は先発・中継ぎともこなす。

 大黒柱の山本や成長著しい19歳左腕・宮城ら先発陣が充実する一方で、平野佳やヒギンスは故障明け。緊急事態宣言の延長を受け来日時期が不透明になっているが、ブルペンの充実に期待がかかる。

 チームは1分けを挟んで6連勝中。3位ながら首位・楽天に2ゲーム差まで迫ってきた。投打のW助っ人をイッキ獲りし、25年ぶり頂点をつかみにいく。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「稲葉篤紀」特集記事

2021年6月16日のニュース