中日・大野雄 チーム唯一の侍ジャパン入り「金メダル獲得に貢献することが使命」

[ 2021年6月16日 12:19 ]

中日・大野雄
Photo By スポニチ

 東京五輪の野球日本代表メンバーが16日、発表され、中日からは大野雄大投手(32)が選ばれた。

 昨季、沢村賞の左腕は「選んでいただき身が引き締まる思いです。選ばれたのがゴールでなく、金メダル獲得に貢献することが使命であり、ゴールです」と侍ジャパンの金メダル獲得に決意。「自分ができる最大限のパフォーマンスを発揮して、応援していただいている人たちに感動を与えられるような投球をします。全身全霊で頑張ります。応援よろしくお願いします」とコメントした。

 大野雄は19年秋に行われた「プレミア12」でも侍ジャパンに選出され、優勝に貢献。かねてから「自分が現役で、東京でオリンピックがあって野球が競技として復活する。こんなにラッキーなことはない。金メダルを獲る一員になりたい」と東京五輪の代表入りを熱望していた。 

続きを表示

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月16日のニュース