中日に移籍の加藤翔「ガツガツやっていかないと」と外野争いへ意欲 背番号は加藤匠の52継承

[ 2021年6月16日 12:40 ]

<中日・加藤入団会見>入団会見を終え、与田監督(左)と共にポーズを決める加藤(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ロッテから交換トレードで加入した中日の加藤翔平外野手(30)が16日、バンテリンドームで入団会見を行った。背番号は同じくトレードでロッテに移籍した加藤匠の52を引き継ぐことが決定。「ドラゴンズの勝利のために全力で頑張っていきたいので、応援よろしくお願いします」と意気込んだ。

 中日の印象について問われると「交流戦で対戦したときも投手中心に守備が固くて、同点に追いつかれたのも阿部さんのスクイズ。1点を取りに来る相手チームにとっては嫌なチーム。僕自身もそういうプレーができたら」と直前まで行われた交流戦を振り返りながら、素直に語った。

 外野は現在、平田、ガーバーの不振で両翼が固定できていない状況。「自信というか、やっていかないとプロの世界は生き残れない。遠慮なくどんどんガツガツしてやっていかないと」と語り「不安とか言ってられない。やるぞという気持ちです」とレギュラー獲りに意欲を見せた。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「中田翔」特集記事

2021年6月16日のニュース