マウンドでも譲らない!オリ・宮城が19日楽天戦でマーと再戦「チームの雰囲気継続できるように」

[ 2021年6月16日 05:30 ]

ポール間をダッシュする山崎福(左)と宮城 (撮影・平嶋 理子)                        
Photo By スポニチ

 オリックス・宮城が19日の楽天戦(楽天生命)に向けて京セラドームで調整。8年ぶりに復帰した田中将との投げ合いが予想される一戦で、交流戦Vの勢いを加速させる意気込みを示した。

 「今はチーム全体として雰囲気が良いので、チームとして継続できるようにしたい」

 球宴ファン投票のパ先発部門では田中将を抑えてトップに立つ。もちろん、マウンドでも譲らない。前回4月4日の対戦では8回2安打無失点と楽天打線を圧倒。再戦を前に「相手もいろんな情報があると思う。いろんな人と話し合いながら」と力を込めた。

 丸刈り姿にして以降、チームでは宮城を拝む同僚が続出する。開幕から無傷5連勝を飾ったことなど縁起ものとして御利益がありそう。宮城が上位浮上のキーマンだ。

続きを表示

この記事のフォト

「始球式」特集記事

「ドラフト」特集記事

2021年6月16日のニュース