阪神・サンズ激高!球審のストライク判定にヘルメットたたきつけ退場処分

[ 2020年10月24日 16:55 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年10月24日    東京D )

<巨・神>8回2死、見逃し三振に倒れたサンズは嶋田球審の判定に激昂して退場処分を受ける(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神のジェリー・サンズ外野手(33)が球審への侮辱行為で退場処分を受けた。

 8回2死で打席に立ち1ボール2ストライクから4球目、巨人・鍵谷の投じた低めの直球に嶋田球審がストライク判定。見逃し三振となったサンズはヘルメットをたたきつけて球審に抗議し、退場を宣告された。

 サンズは4回の2打席目で見逃し三振でたおれた際にも、判定に抗議する様子が見られていた。阪神の選手が退場処分を受けるのは今季初。サンズは来日初の退場となった。

 阪神の選手が暴言によって退場となるのは、18年4月12日広島戦のメッセンジャー以来。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース