DeNA ラミレス監督の退任発表、昨季2位躍進もここまで借金3の4位

[ 2020年10月24日 18:32 ]

DeNA・ラミレス監督
Photo By スポニチ

 DeNAは24日、アレックス・ラミレス監督(46)の今季限りでの退任を正式に発表した。

 ラミレス監督は過去4年間でAクラス入りは3度。昨季は優勝した98年以来21年ぶりの2位以上に導き、1年契約を結んだ。だが南場智子オーナーから「来年は優勝しかないですよ」と厳命された今季は苦戦した。

 この日も広島との競り合いに敗れ、ここまで50勝53敗5分けの4位。レイズに移籍した筒香に代わる4番に佐野を起用して才能を開花させた一方で、投手起用など采配面で疑問視されることも多かった。さらに課題の機動力も改善されず、接戦でもろさを見せた。

 ◆アレックス・ラミレス 1974年10月3日生まれ、ベネズエラ出身の46歳。インディアンス、パイレーツでプレーし、01年にヤクルト入団。08年から巨人、12年からDeNAに所属し、外国人選手で初の2000安打を達成。NPBでの通算成績は1744試合で打率・301、380本塁打、1272打点。08、09年に2年連続MVP。首位打者1度、本塁打王2度、打点王4度、最多安打3度。14年に独立リーグのBC群馬でプレーし、16年からDeNA監督。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース