阪神・原口 3日連続で見せた勝負強さ!菅野から勝ち越しタイムリーで高橋に勝利投手の権利復活

[ 2020年10月24日 16:28 ]

セ・リーグ   阪神―巨人 ( 2020年10月24日    東京D )

<巨・神>7回2死一、二塁、代打・原口は中前に勝ち越しの適時打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 阪神は代打・原口が3試合連続で得点圏で結果を残し、勝ち越しに成功した。

 1―1の7回2死一、二塁で投手・高橋の代打として登場。1ボールから菅野の直球を中前にはじき返して二塁のサンズを生還させた。

 「甘い球が何球も来る投手ではないので、一振りで決める気持ちで打席に立ちました。しっかり期待に応えることができて良かったです」

 22日広島戦での3ラン、翌23日巨人戦での2点適時二塁打と2日連続で結果を残していたが、この日も勝負強さを発揮。好投の高橋に再び勝利投手の権利が発生した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース