退任のDeNA・ラミレス監督が会見「信じるやり方で決断してきた。後悔は一切ない」

[ 2020年10月24日 18:57 ]

試合後、今シーズンでの辞任表明会見を終え、あいさつするDeNA・ラミレス監督
Photo By 代表撮影

 DeNAは24日、アレックス・ラミレス監督(46)の今季限りでの退任を発表した。

 試合後、ラミレス監督は会見に臨んだ。リーグ優勝の可能性が消滅した前日の試合後に三原球団代表に自ら辞意を伝え、了承されたという。

 指揮官は「5年間監督をやってきて、僕の決断のスタイルは80%がデータ、20%がフィーリング。そうやって常に信じるやり方で決断してきた。後悔は一切ない」と、時折笑顔も交えながら話した。

 ラミレス監督はファンへも感謝の思いを伝え、「横浜のファンは日本一のファン。これからは日本一のファンの一人として彼らに加わってベイスターズを応援できれば」とした。

 今季が就任5年目。昨季までの4年間でAクラスに3度入ったが、22年ぶりの優勝を狙った今季はここまで4位で、23日に優勝の可能性が消滅していた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース