西武・中村がプロ通算21本目のグランドスラムで逆転 自身の持つプロ野球記録更新

[ 2020年10月24日 16:47 ]

パ・リーグ   西武―ソフトバンク ( 2020年10月24日    ペイペイD )

10月24日のソフトバンク戦で8回1死満塁から左中間に満塁本塁打を放つ中村(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 西武の中村剛也内野手(37)が1点を追う8回1死満塁で左中間へ逆転満塁弾を放った。これで中村は通算21本目のグランドスラムで、自身の持つプロ野球記録を更新した。

 7回までソフトバンク先発の東浜にわずか1安打に抑えられていたが、8回に2番手モイネロが3四球の乱調。代わった3番手の岩崎から、2ボール1ストライクからの4球目、148キロ直球を完璧に振りぬく今季8号となった。

 西武は現在3位で2位のロッテとは3ゲーム差。クライマックスシリーズ圏内の2位へ、負けられない戦いが続いている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース