退任のDeNA・ラミレス監督 来季について三原球団代表「何らかのポジションを考えたい」

[ 2020年10月24日 19:13 ]

試合後、今シーズンでの辞任表明会見を終え、あいさつするDeNA・ラミレス監督
Photo By 代表撮影

 今季限りでの退任が発表されたDeNAのアレックス・ラミレス監督について、三原球団代表は来季、何らかのポストで球団に残留してもらいたいとの方針を示した。

 指揮官について「(DeNAとなって)初の日本シリーズ、CSと我々が知らない世界に連れて行ってくれた。戦える集団、レベルに引き上げてくれた。感謝している」と三原代表。

 来季については「これで縁が切れるのではなく、何らかのポジションを考えたい。組織の中に残ってほしいと思っています」とした。

 また、26日のドラフト会議にはラミレス監督は出席しない。三原代表は「スカウトとフロントで対応する」と話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース