日本ハム・中田 楽天・浅村の目の前でトップ並ぶ自己最多31号、打点リード広げる

[ 2020年10月24日 17:19 ]

パ・リーグ   日本ハム―楽天 ( 2020年10月24日    楽天生命パーク )

<楽・日>8回無死、ソロ本塁打を放つ日本ハム・中田 (撮影・白鳥 佳樹)
Photo By スポニチ

 日本ハム・中田が、本塁打王と打点王を争う楽天・浅村の目の前でリーグトップの浅村に並ぶ自己最多の31号となるソロ本塁打を放った。

 1点を追う8回先頭で打席に入ると、右腕・福山の甘いスライダーを強振。打った瞬間に本塁打と分かる特大の一発で、敵地ファンのため息を切り裂きながら左翼席中段に到達した。

 この時点でリーグトップに立つ打点は103打点とし、99打点の2位・浅村に4打点差。本塁打もトップに立ち、自身初の本塁打王獲得と2冠獲得が視野に入ってきた。

 ▼日本ハム・中田 (8回の同点弾は)追いつきたいという気持ちだったのでホームランになってよかった。完璧でした。(本塁打、打点でトップの2冠だが)シーズンが終わるまであまり考えない。(本塁打で並ぶ)浅村も凄い打者なので、自分も負けずに頑張りたい。こうしてファンの皆さんが球場に足を運んで応援してくれる以上、僕たちは全力で戦うだけなので。(残り試合も)一試合一試合頑張りたい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース