東海大 大麻問題受けドラフト当日会見中止…山崎伊織投手ら3選手がプロ志望届

[ 2020年10月24日 05:30 ]

 東海大は23日、硬式野球部が部員の大麻使用で無期限活動停止となったことを受け、26日のドラフト会議で指名を受けた際に予定していた報道陣向けのオンライン記者会見を中止すると発表した。東海大からは、昨年の日米大学選手権で日本代表だった山崎伊織投手ら3選手がプロ志望届を提出している。東海大は「本学の都合により、オンライン会見が中止となりましたことを深くおわび申し上げます」と謝罪した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース