ソフトバンク継投裏目 12連勝でストップ マジック3で最短Vは27日へ

[ 2020年10月24日 17:00 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―4西武 ( 2020年10月24日    ペイペイD )

<ソ・西>8回1死満塁、中村に満塁本塁打を打たれる岩崎(撮影・岡田 丈靖)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクが継投が裏目に出て逆転負け。連勝は12でストップした。2位のロッテがオリックスに敗れたため、優勝マジックは1つ減って3となったが、最短Vは27日となった。

 先発の東浜が7回を89球で、わずか1安打の快投。工藤監督は8回にセットアッパーのモイネロを送ったが、制球を乱して3四球を与え、1死満塁のピンチで、3番手の岩崎へ。しかし、岩崎が中村に左中間へ逆転満塁弾を浴びた。

 打線は2回に牧原の右翼への今季1号ソロの1点のみしか奪えずに敗れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース