ヤクルト 武岡&長岡の新人二遊間スタメン起用も貧打で惜敗

[ 2020年10月24日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト3―4中日 ( 2020年10月23日    神宮 )

<ヤ・中>5回終了後、交代を告げる高津監督(撮影・西海健太郎)
Photo By スポニチ

 1点差で敗れたヤクルトの高津監督は「もうちょっと打たないと」と4安打の打線を嘆いた。

 いずれも高卒でドラフト6位の武岡、5位の長岡を1軍登録。いきなり二遊間でスタメン起用した。高卒新人野手2人が同時に先発出場するのはドラフト制以降、球団史上初で、長岡にとっては初の1軍戦。指揮官に「フルスイングしてこい」と送り出され、3打数無安打に終わった。村上も3四球と勝負を避けられ、借金は今季ワーストの23になった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース