DeNAロペス 日米通算2000安打達成 広島・森下から記念打

[ 2020年10月24日 14:24 ]

セ・リーグ   DeNA―広島 ( 2020年10月24日    横浜 )

<D・広23>初回2死、日米通算2000安打を達成したロペス(撮影・島崎 忠彦)
Photo By スポニチ

 DeNAのホセ・ロペス内野手が初回に左翼線安打を放ち、日米通算2000安打(MLB1005安打、NPB995安打)を達成した。

 ロペスは「3番・一塁」でスタメン出場。初回2死で広島先発・森下の151キロの直球を左翼線にはじき返した。

 一塁ベース上で笑顔を見せたロペスは、誇らしげに記念のボードを掲げた。横では広島の一塁手・松山も祝福の拍手をしていた。

 ロペスは広報を通じて「自分のキャリアで達成することができうれしい反面、達成の瞬間を家族と分かち合いたかったのが正直な気持ちです。昨日は力が入り過ぎてしまったのですが、今日は練習からリラックスして臨むことができました」と喜びのコメントを口にした。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年10月24日のニュース