DeNA・ロペス 日米通算2000試合出場達成「貢献できるように、ここからさらに頑張っていきます」

[ 2020年9月22日 17:49 ]

セ・リーグ   DeNA3―6阪神 ( 2020年9月22日    甲子園 )

<神・D>5回1死一塁、ロペスは左前打を放つ(投手・高橋)(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 DeNAのホセ・ロペス内野手が日米通算200試合出場を達成した。

 この日1軍に昇格し「6番・一塁」で先発出場。初回2死満塁の好機で迎えた第1打席は二飛。4回の第2打席は強烈な当たりも三直となったが、6回の第3打席では左前打を放ち、日米通算2000安打にあと「21」とした。

 来日8年目の今季は不振のため、2軍落ちも経験。再び戻ってきた舞台でまずは一つ、節目の数字に達し「残念ながら今日は負けてしまいましたが、達成できたことはうれしく思います。久しぶりに1軍でプレーして1打席目は緊張しましたが、その後は慣れてきて安打も出たので良かったです。体の状態も打撃の調子も問題ありません。チームに貢献できるように、ここからさらに頑張っていきます」とコメント。ラミレス監督も「状態は良くなっている」と安どした。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース