右手負傷で離脱中の楽天・則本昂が2軍戦で実戦復帰 5回2失点、最速152キロ

[ 2020年9月22日 19:16 ]

楽天・則本昂
Photo By スポニチ

 右手を負傷して離脱していた楽天の則本昂大投手が22日、イースタン・リーグのヤクルト戦(森林どりスタジアム泉)で実戦復帰した。先発で5回を投げ5安打2失点という結果で直球の最速は152キロを計測した。球団を通じて「とりあえず5回まで投げられたのは良かった。力みがあったのでいいバランスで投げられるようにしたい」とコメントした。

 9月4日のオリックス戦(楽天生命パーク)で先発し、味方の攻撃中にベンチ裏で転倒して右手を負傷した。この試合は3回2失点で緊急降板し、翌5日に出場選手登録を外れていた。伊藤投手チーフコーチは1軍復帰のめどについて「2軍の試合で投げて、予後を見て確認してからになる。(問題なければ)すぐ1軍に戻ってこられると思う」と離していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース