楽天 DJ・ジョンソン、移籍後初登板で来日初勝利「良い日になりました」

[ 2020年9月22日 17:45 ]

パ・リーグ   楽天12―4ロッテ ( 2020年9月22日    楽天生命 )

<楽・ロ>1000勝の記念ボードを掲げる浅村、福山、ジョンソン、クラッチ=左から(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 21日に広島から金銭トレードで加入した楽天のD・J・ジョンソン投手(31)が22日のロッテ戦(楽天生命)で移籍後初登板。最速151キロをマークし、1イニングを3人で抑え、来日初勝利を挙げた。

 この日から1軍に合流した助っ人右腕。2―3の5回に、背番号42のユニホームでマウンドへ上がった。いきなり4番・安田と対戦し、150キロの直球で遊ゴロ。続いて5番・清田からはチェンジアップを交えながら高めの直球で空振り三振を奪った。6番・井上に対してはこの日最速となる151キロの直球を投じ、最後は武器のパワーカーブで三ゴロに仕留めた。

 わずか11球で3者凡退。1回無安打1奪三振で移籍後初登板を終えた。すると、チームが直後の攻撃で逆転。ジョンソンに来日初白星が付いた。

 ジョンソンは新天地を「マウンドも良く、何より球場がとても素晴らしい」と表現し「良い日になりました」と笑顔。「素晴らしいチームだなと思ってます」とも話し、今後に向けて「一生懸命頑張ります」と意気込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース