江東ライオンズ 11年ぶり4度目V 若林監督うれし泣き「負けたくない選手の気持ちが優勝につながった」

[ 2020年9月22日 12:12 ]

ポニーリーグ・全日本選手権大会決勝   江東ライオンズ4―0江東ポニーズ ( 2020年9月22日    大田 )

<パンダカップ 全日本選手権大会決勝 江東ライオンズ・江東ポニーズ>日本一に輝いた江東ライオンズナイン (撮影・西川 祐介)
Photo By スポニチ

 江東ライオンズが下部組織である江東ポニーズを下し、11年ぶり4度目の優勝を飾った。

 「負けたくない選手の気持ちが優勝につながりました。舟橋中心にまとまって力以上のものが出せだと思います」

 就任11年目を迎えた若林達也監督は3年生を称えると、うれし涙をこぼした。4試合で計1失点。田部井創太、高坂信爾、近藤悠太ら7投手が本来の力を発揮した。大会の最優秀選手にも輝いた舟橋立葉主将は「コロナで野球ができない日が続きましたが、切り替えてこの大会に臨みました。優勝できてうれしいです」と笑顔を浮かべていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース