阪神・糸井「悩みの種」3番で奮闘マルチ&1打点「打つことができて良かった」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神5―3DeNA ( 2020年9月21日    甲子園 )

<神・D>初回2死、阪神・糸井は左翼線二塁打を放つ(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 猛虎の「悩みの種」になっている3番で阪神・糸井が期待に応えた。10日のDeNA戦以来となる先発3番で出場し、適時打を含む2安打1打点と気を吐いた。

 初回2死、相手先発・京山の140キロカットボールに差し込まれながらもフルスイングした打球はライナーで大きく空いた三塁線を抜ける二塁打。続くサンズの左前適時打で先制の生還を果たすと、5回はポイントゲッターと化した。

 「1点ずつ返していくことが大事だと思うので。打つことができて良かったです」

 2点を追う5回2死一、二塁、京山の真っすぐに差し込まれながらも振り抜いた一打は左翼線にポトリと落ち、二塁走者の木浪を迎え入れた。先発3番が打点を挙げるのは糸原が15日巨人戦で記録して以来、6試合ぶり。糸井自身が3番として適時打を放つのは7月18日の中日戦以来、実に2カ月ぶりだった。

 矢野監督も久々に見た“超人らしさ”に安堵(あんど)の表情を浮かべ「連戦も続くし、いろんな選手をどこでいこうか考えて起用している。ヨシオもね。いいところで(安打が)出たので。吹っ切れていくと思う」とさらなる打棒爆発を期待した。苦慮してきた3番打者の起用法。開幕戦のマルテから始まり計8選手を据えるほどに固定できないのが実情だけに、この日の糸井の活躍を明るい材料としたいのが本音だ。

 59試合出場で打率・244、1本塁打、15打点。かつてない不振でベンチスタートが増えた39歳のベテランとしても、このまま終わるわけにはいかない――。そんな気概が、結果に表れた。(巻木 周平)

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース