つば九郎「きょうはなにもほしがりません。ただひとつ、かつおくんに、☆を」盟友・石川、今度こそ

[ 2020年9月22日 15:40 ]

セ・リーグ   ヤクルト―中日 ( 2020年9月22日    ナゴヤD )

ヤクルトのマスコット、つば九郎
Photo By スポニチ

 ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が22日、自身のブログを更新。今季初勝利を懸け、同日の中日戦(ナゴヤ)で今季9度目の先発マウンドに上がる19年目左腕・石川雅規投手(40)の勝利を静かに願った。

 オリックスの山岡泰輔投手(25)が6試合目の登板となった18日の西武戦(京セラD)で今季初勝利を挙げ、12球団の今季開幕投手で唯一の未勝利投手となってしまった石川。

 石川と長年の付き合いがある盟友・つば九郎はこれまで「やきゅうふぁんのみんなは、かつおくんのしょうりにきたいしています!」「ぜんこくのみなさん、もうしわけありませんが、かつおくんに『ねん』おくってください。やればできるこなんです!!!」(1日)、「こんやのせんぱつは~みんなの、かつおくんです」「ぜんこくのやきゅうだいすきのみなさん、かーぷふぁんぢゃないほうのみなさん、ちからをかしてください!かつおくんに、こんきはつしょうりがつきますように!『ねん!』おわけください」(8日)、「えーすは、このおとこなんです!」「らみちゃん、べいふぁんのみなさんには、もうしわけありませんが、9れんせんのあたま、かつおでかつよ」(15日)などと試合前に熱筆をふるっていたが、この日は「ちーむは、なごや。そしてこんやは、かつおくん。きょうはなにもほしがりません。ただひとつ、かつおくんに、☆を」と静かに石川の今季初勝利を願った。

 石川が中日戦で今季初勝利となれば、球団3人目の40代勝利となる。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース