NPBとJ ファンへ感染防止呼び掛けメッセージ「スタジアムから感染者出さないことが本当の応援」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

NPBの斉藤コミッショナー(左)とJリーグの村井チェアマン
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)とJリーグは21日、新型コロナウイルス対策連絡会議を行い、ファンへ向けた共同メッセージを発表。(1)スタジアムでは必ずマスクを着用(2)素晴らしいプレーには声援ではなく拍手を送る(3)可能な限り距離を取り飲食の際は会話を控える、の3点を求めた。

 「スタジアムから感染者を出さないことが本当の応援です」と斉藤惇コミッショナーと村井満チェアマンの連名で呼び掛けた。19日に入場数制限が上限5000人から球場の収容人数の50%に緩和。NPBは感染予防ガイドラインを作成しマスク着用や大声の自粛を求めているが、19日の中日―阪神戦ではマスクを外し大声で「浦和レッズ」と叫ぶ観客が注意を受けた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース