オリックス・由伸 残り全勝で初の2桁勝利誓う「一つでもいい記録を」

[ 2020年9月22日 05:30 ]

オリックスの山本
Photo By スポニチ

 22日のソフトバンク戦に先発するオリックス・山本が残り登板試合での全勝を誓い、4年目で初の2桁勝利に意欲を示した。

 「チームが断トツの最下位でファンも悔しい思いをしている。個人記録だけど一つでもいい記録を出して、応援してくれるファンを喜ばせたい」

 ここまで13試合に登板し5勝3敗、防御率2・84。順調にいけば7試合に登板可能。7月12日の3勝目から6試合白星から遠ざかったが、最近3試合全てハイクオリティースタート(7回以上、自責2以下)と復調し「もっといいボールを投げられる感覚もある」と快投の予感が漂う。

 今季4度目の千賀との先発先発に向け21日は大阪・舞洲の球団施設で最終調整。「素晴らしい投手なので力負けしないように。万全な準備をして圧倒して勝てるように」と弾みを付ける勝利を狙う。(湯澤 涼)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース