阪神 414日ぶり登板の岩田を抹消 29日からの13連戦中に再び登板へ

[ 2020年9月22日 12:01 ]

阪神の岩田
Photo By スポニチ

 阪神は22日、岩田稔投手(36)の出場選手登録を抹消し、望月惇志投手(23)を昇格させた。

 岩田は前日21日のDeNA戦で先発し、昨年8月4日以来、414日ぶりの1軍登板を果たした。5回4安打3失点で降板し、勝敗は付かず。矢野監督は試合後に「ボール自体は本当に良かった。また13連戦とか続くんで、岩田には力を貸してもらわないといけないところが絶対出てくる」と話しており、29日からの13連戦中に再び先発の機会が訪れることになりそうだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年9月22日のニュース