ヤクルト 5度目の引き分け 今季初登板の山中「腹をくくって」8回無失点

[ 2020年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   ヤクルト0―0中日 ( 2020年8月2日    ナゴヤD )

8回4安打無失点のヤクルト・山中(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 ヤクルトは今季初登板の山中が8回4安打無失点と好投したが、今季5度目の引き分けに終わった。

 34歳のサブマリンは開幕から2軍生活が続いていたため「自分の立場は分かっているので腹をくくって、自分の投球をしようと思った。結果が出たので良かった」。打線は梅津の前に5安打で1点も奪えず。高津監督は山中を「素晴らしかった」と絶賛し、梅津にも「あれだけ球に力があって、制球も良いとなかなか点が取れない」と脱帽していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース