レッズ・秋山 今季初7イニングWヘッダー第1試合で決勝打!

[ 2020年8月3日 06:45 ]

インターリーグ   レッズ4-3タイガース ( 2020年8月2日    デトロイト )

<タイガース・レッズ>ダブルヘッダー第1試合、先発出場し勝利に貢献した秋山(AP)
Photo By AP

 今季初の7イニング制ダブルヘッダー第1試合。レッズは「1番・左翼」で先発出場の秋山翔吾外野手(32)が、3―3の7回無死一、二塁からタイガース守護神ヒメネスのチェンジアップに食らいつき右前へ決勝の適時打。レッズが4―3で勝利した。

 秋山はこの試合、3打数1安打、1四球1得点1打点。1912年9月19日、クリーブランド・ナップス対ボストン・レッドソックス以来となった9回制以下のダブルヘッダー第1試合の勝利の立役者となった。

 第2試合は相手先発が左腕ノリスのため先発から外れた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース