巨人・桜井 2軍へ プロ最短KO 4戦連続初回失点 原監督「工夫しないと」

[ 2020年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―9広島 ( 2020年8月2日    東京D )

3回1死一塁、坂倉(左)に二塁打を浴びる桜井(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 巨人の桜井は5点を失い、プロ最短の2回1/3でKOされた。6試合計18失点のうち、3回までに13失点。初回の失点は4試合連続だった。

 課題の立ち上がり修正のため、2軍降格が決定。「先発として長い回を投げることができず迷惑をかけてしまいました」と反省し、原監督は「立ち上がりをもう一つ工夫しないと」と促した。

 鈴木誠に先制2ランを浴びた初回から制球が定まらない。宮本投手チーフコーチは「調子のいいときのルーティンをつくっていかないと」と、前日からの新たな習慣づくりを求めた。代わりの先発は鍬原、今村、ドラフト2位・太田らが候補に挙がる。チームは今季ワーストタイの9失点。攻撃ではパーラを公式戦で初めて1番で起用したが、4打数無安打2三振。指揮官は「期待を持って送り出したが、全く機能しなかった」と振り返った。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース