「和製ランディ」こと楽天・弓削は自身初の中4日でソフトバンクとの初戦に先発へ

[ 2020年8月3日 19:43 ]

翌日の登板に備えて調整する楽天・弓削
Photo By スポニチ

 楽天の2年目左腕・弓削隼人投手(26)が、中4日で4日のソフトバンク戦(楽天生命パーク)に先発することが決まった。この日は本拠地で行われた先発投手練習に参加し「中4日は初めての経験だけど、言われたことろで役割を全うするだけ。不安はない」と言い切った。

 前回登板の7月30日のロッテ戦(ZOZOマリン)の球数は75球。4回2/3で降板し、勝ち負けはつかなかった。登板間隔が短いため、疲労の回復に重きを置きながら調整を行ってきた。ソフトバンクとの首位攻防6連戦の初戦とあって「リズムをつくって1勝することが大事」と意気込んだ。

 「和製ランディ・ジョンソン」と称される1メートル93の大型左腕。開幕からここまで6試合に先発し、2勝1敗、防御率2・94と安定した成績を残している。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース