“聖陵バスター”さく裂 松山聖陵 独特の構えから6安打8打点

[ 2020年8月3日 05:30 ]

愛媛大会2回戦   松山聖陵11-0伊予農 ( 2020年8月2日    坊っちゃんスタジアム )

<松山聖陵・伊予農>“聖陵バスター”で構える松山聖陵の8番・西野日向(3年)
Photo By スポニチ

 松山聖陵のバットをだらんと寝かせて構える“聖陵打法”がさく裂した。この構えの2番・林田、6番・春名、7番・藤本、8番・西野の4人で12打数6安打8打点。主軸を上回る猛威を振るった。

 「力が抜けるし、しっかりタイミングが取れるので。“聖陵バスター”って呼んでます」と西野。この日は左方向への2本の二塁打などで3打点。5回には同じ構えから一塁線へスクイズを決めた。守りでは公式戦初先発の右腕・新藤が5安打完封で、プロ注目のエース右腕・平安山(へんざん)を温存。4年ぶり2度目の優勝へ好スタートを切った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース