大野豊氏 阪神は機動力いかした最高の勝ち方 6回に馬場が危機脱して流れつかむ

[ 2020年8月3日 06:30 ]

セ・リーグ   阪神3-1DeNA ( 2020年8月2日    甲子園 )

<神・D(9)> 6回無死一、三塁、二盗を決める島田 (撮影・後藤 大輝)
Photo By スポニチ

 【大野豊 視点】野球には流れがあることを改めて感じさせられた一戦だった。6回までは完全なDeNAペース。平良も非常に良かった。しかし、馬場が2死満塁のピンチを抑えてガラッと空気が変わった。

 馬場の投球はばらつきがあり、決して良かったわけではない。だが、梶谷への初球に内角へ投げ込めた。うまく開き直れたのか、彼の特長である強い直球を、あの場面で投げられたのが大きい。初勝利もついてきて、良い意味で反省して次にいかせる日になった。

 岩貞の粘りもあり、3~6回までのピンチを抑えたことで、今度は流れが阪神に来る。初めて先頭打者を出した6回、足を絡めて4番が還す。最高の結果となった。8回も含めて、得点に絡んだのは矢野監督が重視する機動力。勝ち方も阪神らしくて最高だった。打てなくても、何とか足を使って点を取り、投手陣が抑える。連敗していたが、投打の歯車がかみ合いそうな試合で、これで波に乗っていきたい勝ち方だったのではないか。

 阪神も含め8月は極めて重要と感じる。独走しかけている巨人に2桁の貯金はさせたくない。阪神は4日から甲子園で3連戦。巨人投手陣が良いだけに『打ち勝てるか』を興味深く見ている。やはりカギは1、2番が出て中軸が還せるか。勝てる流れをつくれれば差を縮められるだろう。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース