高川学園 4年ぶりの頂点!1日1000スイング成果出た 9回一挙4点

[ 2020年8月3日 05:30 ]

山口大会決勝   高川学園6―1桜ケ丘 ( 2020年8月2日    萩 )

<高川学園・桜ケ丘>優勝して喜ぶ高川学園ナイン
Photo By スポニチ

 萩スタジアムに高川学園ナインの雄叫びがこだました。準々決勝まで3試合連続コールド勝ちを収めてきた打線が、2点リードの9回に2本の適時打などで4点を奪って試合を決定付け、4年ぶりとなる頂点に立った。松本祐一郎監督は「昨年の秋からとにかく振らせてきた。その成果がこの大会で出てホッとしている」と息をついた。

 昨秋は県準優勝。中国大会では準々決勝で広島新庄に4―5で敗れた。指揮官は「打球が外野の頭を越えなかった」と振り返る。冬場から1日1000スイングをノルマに振り込んだ。白飯を一日約5、6合食べるなど食事量を増やし、筋力トレーニングにも力を注いだ。9回に2点適時打を放った三嶋は体重が10キロ増えて65キロになった。「練習でも柵越えが出るようになった。やってきて良かった」と感慨に浸った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース