阪神・江越 頭から飛んだ スーパーホームイン

[ 2020年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3-1DeNA ( 2020年8月2日    甲子園 )

<神・D(9)> 8回1死一、三塁、梅野のショートへのゴロで三塁走者・江越が生還(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 鍛え抜かれた肉体をホームベースに向けて投げ出した。

 2―1の8回1死一、三塁、三走の阪神の江越が梅野の遊ゴロで完璧なスタート。ド迫力のヘッドスライディングで本塁を陥れ、値千金の追加点をもたらした。

 「前に飛んだんで走りました!」
 
 試合後は笑顔で一言だ。相手遊撃手は元同僚の名手・大和。前進守備からの一連のプレーには無駄がなかったが、こちらは駒大の先輩にあたる戸柱のタッチをかいくぐるように頭から飛び込んだ。
 
 この回先頭のサンズが左前打すると、すぐに代走で送り込んだのが矢野監督。「(江越)大賀しかセーフになれないようなスタートとスピードとスライディング」と大絶賛だ。

 打席でも非凡なパンチ力を秘めているが、まだ粗削り。ただ、守備、走塁に関しては持ち前の身体能力だけでなく、センスも抜群だ。こういう選手が複数ベンチにいるのが矢野阪神の強みになっている。 (山添 晴治)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース