中京 元が10回粘投も2連覇ならず…プロへは「野手で勝負します」

[ 2020年8月3日 05:30 ]

岐阜   中京5―6大垣日大 ( 2020年8月2日    長良川 )

<中京・大垣日大>決勝のマウンドを任された中京のエース・元(撮影・井垣 忠夫)
Photo By スポニチ

 中京は今秋ドラフト候補の二刀流、元謙太(3年)の奮闘も実らず2連覇を逃した。5球団のスカウトが見守る中で打撃では3安打をマーク。投げても2本塁打を浴びながら10回5失点と粘ったが、遊撃にポジションが移った11回に決勝点を奪われた。

 全力を出し切って「100%の力を出し切ったと言いたいし、完全燃焼できた」と笑顔。改めてプロ志望届を提出することを明かした上で「野手で勝負します」と宣言した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース