関東第一 夏連覇へ進撃!先発左腕の今村 公式戦2度目の完封11K

[ 2020年8月3日 05:30 ]

東東京大会・4回戦   関東第一4―0立正大立正 ( 2020年8月2日    神宮 )

<関東第一・立正大立正>三振を取り、吠える今村投手
Photo By スポニチ

 昨夏王者の関東第一が4―0で立正大立正を下し、8強に進出した。初回に1点を先制すると、その後もバントや盗塁など小技を絡めて加点した。米沢貴光監督は「ウチらしい野球ができた。走る野球は毎年のこと」と胸を張った。

 先発した最速138キロ左腕の今村拓哉(3年)は昨秋以来、公式戦2度目の完封。11奪三振にも「自分は三振を取る投手ではない。打たせて取る投球を続けていきたいです」。自らのスタイルで夏連覇へ歩を進める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース