広島・誠也が火付け トドメは龍馬 9点あれば大丈夫

[ 2020年8月3日 05:30 ]

セ・リーグ   広島9-2巨人 ( 2020年8月2日    東京ドーム )

<巨・広9>初回2死一塁、左中間に先制の2ランを放つ鈴木誠(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 8年ぶりの巨人戦6連敗という屈辱回避へ赤ヘル打線が初回から奮い立った。点火したのは、4番・鈴木誠だ。2死一塁から桜井の直球を左中間席へ打ち込んだ。大敗した前日の最終打席から2試合にまたいだ2打席連発の11号。「いい先制点になって良かったです」。停滞する空気を揺り動かす一撃だった。

 4―1の6回には2試合連続で3番を任された長野が2死三塁から右前適時打。「(2回の)満塁のチャンスで打てていなかったので、いい所に落ちてくれて良かったです」。2回は3―0とした後の無死満塁を逃し、長野も1死から捕邪飛。同じ失敗は繰り返さなかった。

 トドメは7回だ。無死一、二塁で投手の遠藤が次に控える中、8番・田中広に送りバントをさせてまで整えた好機。2死二、三塁から西川が初球を逆方向の左中間へ力強く運んだ。「思い切っていきました。遠藤が頑張っていたので、いい援護点になって良かったです」。最近4試合で3発目。安全圏まで引き離し、遠藤の初完投を後押しした。

 先制、中押し、ダメ押しと理想的に得点を重ね、佐々岡監督も「嫌な流れの中で先制できた。4番が打って勢いがついた。無死満塁で点が取れなかったけど、遠藤が自ら打ってくれた。あそこで点が取れなかったら、流れ的には厳しいところだった」とひと息ついた。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース