安房、逆転で初戦突破 加藤が勝ち越し打「チーム一丸、安房高の野球で勝てた」

[ 2020年8月3日 14:14 ]

高校野球千葉大会・1回戦   安房9―4茂原北陵 ( 2020年8月3日    鴨川 )

<千葉県高校野球 茂原北陵・安房>9回無死満塁、右翼線を破る勝ち越し2点適時二塁打を放つ安房・加藤(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 08年センバツ21世紀枠で出場した安房が逆転勝ちで初戦を突破した。

 初回に先制され、一時勝ち越しも7回に同点とされた安房は9回無死満塁から3番・加藤椋平(3年)の右翼線2点二塁打などで5点を勝ち越し。粘る茂原北陵を振り切った。

 カウント3―2から内角直球をフルスイングした加藤は「思いきり振れた。去年も満塁で自分が打てずコールド負けしたり…。今度は何とかしなきゃという気持ちでした。チーム一丸、安房高の野球で勝てました」。泥だらけのユニホームを誇らしげに見せた。

 昨秋の千葉第7地区3回戦で惜敗した相手にリベンジし、6日の2回戦は長生と激突する。当初の目標は第7地区を制しての8強だったが、チームを支えてきた女子マネジャーの重田紫乃さん(3年)が「もっと上、目指そうよ」とのゲキに“上方修正”した。「まずは2回戦で負けた去年夏を上回ること。その後も1戦1勝、しっかり戦いたい」。吉田悠人主将(3年)が前を見据えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース