智弁和歌山4強 1年渡部捕手が公式戦初スタメン ドラ候補・細川は5の1

[ 2020年8月3日 14:56 ]

2020夏 高校野球和歌山大会 準々決勝   智弁和歌山5―0和歌山高専 ( 2020年8月3日    紀三井寺 )

<和歌山大会 智弁和歌山・和歌山高専>3回1死一、二塁、智弁和歌山・細川は右前打を放つ(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 甲子園交流試合にも出場する智弁和歌山が3投手の継投で零封勝ちし、4強進出。先発右腕の中西聖輝(2年)が5回を、左腕の池田泰騎(3年)が3回を、右腕の伊藤大稀(2年)が1回をそれぞれ封じた。今秋ドラフト候補右腕の小林樹斗(3年)は登板しなかった。

 野手では渡部海(1年)が「8番捕手」で公式戦初スタメン初出場を果たした。中西を好リードし、打っては初打席で遊撃手のグラブをはじく左前打を放ち2打数1安打と堂々のデビュー。「おととい(1日)に監督から『スタメンでいく準備をしておけ』と言われました。緊張しましたが、中西さんの真っすぐがきていたのでうまく使えたと思います。次にまた出るチャンスがあれば、優勝に向かって貢献する活躍をしたい」と初々しい表情を見せた。

 今秋ドラフト候補で「1番遊撃」の細川凌平(3年)は5打数1安打に終わり「タイミングが合っていないところがある。あした1日あるので、自分のビデオを見て感覚を修正していかないといけない」と課題を挙げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース