楽天 終盤6失点逆転負け…ロッテ6連戦3勝3敗、2カードぶり勝ち越しならず

[ 2020年8月3日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天6―7ロッテ ( 2020年8月2日    ZOZOマリン )

7回表無死一塁からロメロは右越えに勝ち越し2ラン。三木監督に迎えられる(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天は終盤3イニングで6失点し逆転負け。三木監督は「競り負けてしまった」と唇をかんだ。

 今季初登板初先発の福井が5回2安打1失点と好投。だが3―1の6回に2番手・津留崎が同点とされた。7回にロメロの2打席連発の11号2ランで勝ち越しも、7試合無失点だった5番手・酒居が8回に3失点するなど逆転を許した。

 ロッテ6連戦は3勝3敗で2カードぶりの勝ち越しならず。三木監督は「チーム全体で取り組んでいくしかない」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース