日本ハム・栗山監督 感染の長谷川の軽症を祈る「みんな仲間なので」

[ 2020年8月3日 05:30 ]

札幌市内の室内練習場で行われた全体練習を視察する日本ハム・栗山監督(左)。右は厚沢ベンチコーチ兼投手コーチ
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・長谷川の感染を受け、札幌市内で行われた全体練習を視察した日本ハム・栗山監督は「きちんと(予防対策を)していても、うつる可能性がある。(軽症であることを)祈るしかない。みんな仲間なので」と気遣った。

 指揮官も手洗い、うがいや不要不急の人との面会を控えているとし「誰かに迷惑をかけないように気をつけている」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月3日のニュース